法律オンラインの法律相談

国内最大の法律相談検索サイト

会員登録へ
キーワード検索: 表示件数:
法律相談法律相談検索 読者の声「読者の声」投函 法律相談 お役立ちリンクお役立ちリンク 法律相談 執筆者一覧執筆者一覧 法律オンライン法律オンライン
■執筆者一覧メニュー
執筆者一覧トップ
弁護士
司法書士
弁理士
公認会計士
税理士
行政書士
土地家屋調査士
社会保険労務士
不動産鑑定士
TOP > 執筆者一覧 > 
弁護士
 訴訟代理、契約書の作成、債務整理、破産申立、法律相談、契約・示談交渉、犯罪の嫌疑をかけられたり起訴された場合の弁護など法律実務を幅広くカバーします。
 資格上は、法律実務においてはほぼオールマイティーとされていますが、事務所や個々の弁護士のカラーによって、特定の専門分野を打ち出したり、あるいは、町のお医者さん的に総合色を強調するなど様々です。
 弁護士人口の大幅増加、ロースクール構想、事務所法人化案など弁護士の職務環境は大きな変容の波の中にありますが、これらの改革を通じて、市民に開かれた司法、市民が利用しやすい司法の実現が目指されています。
例えばこんなときに・・・
  • 裁判を起こしたい
  • 訴えられた
  • 逮捕された、起訴された
  • 借金の整理をしたい
  • 破産や民事再生などの手続きをとりたい
  • 契約書を作成してもらいたい
  • 契約交渉や示談交渉を代理人に任せたい
  • その他、法律問題をかかえている


  • 司法書士
     不動産登記、商業登記、供託手続の代理、裁判所、検察庁、法務局へ提出する書類の作成が主な仕事です。
     身近なところでは、相続や住宅取得の際に依頼されたことのある方も多いと思いますが、その職域は登記に限らず、裁判所に提出する訴状や答弁書の作成、地代や家賃などの供託手続きの代理などにわたります。
     「町の法律家」として、小さな都市でも開業しているのも特徴です。
     最近では司法書士会をあげての成年後見制度のサポート業務への積極的な進出の他、司法書士が代理人として簡易裁判所での訴訟遂行できるようにすることが検討されるなど、注目の資格です。
    例えばこんなときに・・・
  • 土地や建物の売買をしたい、相続が発生した、住宅ローンの返済が終わった、など不動産にかかわる登記手続
  • 会社を設立したい、増資したい、役員を替えたい、など
  • 地代や家賃を受け取ってもらえないときなどの供託手続
  • 自分で裁判を起こしたいが、書類の作成や手続上のアドバイスをしてもらいたい


  • 弁理士
     工業所有権に関するエキスパートです。
     特許・実用新案・意匠・商標権の出願から登録までの複雑な手続を熟知し、権利取得の強力な手助けとなります。また、技術開発・企業の特許戦略に関しても、法律・技術両面からのアドバイスを行います。
    例えばこんなときに・・・
  • お店の名前を商標登録したい
  • 自社製品が特許侵害だとクレームをつけられたが
  • 外国に出願したい
  • 新商品を開発したので特許をとりたい


  • 公認会計士
     監査を中心とした会計全般にわたってのプロフェッショナルです。
     企業の財務内容や経営状態が適正かどうかを、第三者の目からチェックし(監査)、意見を述べることで、企業に対する社会的信用を高める役割を果たします。他にも、税務相談や業務改善などのコンサルティング業務も行います。さらに、M&A、株式公開業務にも対応します。
    例えばこんなときに・・・
  • 会社の業務改善を図りたい
  • 会社の財務諸表の監査を頼みたい
  • 株式の公開をしたい


  • 税理士
     税に関する専門家です。税金の申告の代理や財務書類の作成などの業務、また相続税や贈与税・消費税をはじめとする税金に関する相談を幅広くうけています。個人や会社の確定申告などに対する税務署の決定に対する不服申立や、税務調査に立ち会うことなどを通じて、納税者の権利・利益の擁護に努めています。
    例えばこんなときに・・・
  • 確定申告について知りたい
  • 税務調査に立ち会って欲しい
  • 相続税について聞きたい


  • 行政書士
     行政書士は、会社の外部法務スタッフとして、また、町の身近な法律家として書類の作成・提出の代行と相談業務を通して皆さんをサポートいたします。
     新しい事業を始めたいが役所の許可や認可が必要な場合、どこに相談をしていいのか困ったことはありませんか?また、契約にまつわるトラブルや遺産・相続に関する問題など個人の身近なご相談にも応じます。
     行政書士が作成できる書類は約10,000種類とも言われ、取扱業務は非常に広範です。
    例えばこんなときに・・・
  • 新しい事業を開始したい
    (各種法人の設立から必要な許認可の申請までex.建設業、産廃業、運送業、風俗営業等)
  • 各種契約書、内容証明書や告訴・告発状・示談書の作成
  • 遺言書、遺産分割協議書の作成等相続に関するご相談
  • 外国人の入国・在留資格許可、永住、国籍変更の許可申請


  • 土地家屋調査士
     不動産の表示登記についてのスペシャリストです。
     例えば、一つの土地を二つに分筆したいという場合、それぞれの土地に番号(地番)をつける登記を申請しなければなりません。このとき、土地を調査・測量して、登記申請手続を行うのが土地家屋調査士の主な仕事です。建物の新築の場合も同様です。
    例えばこんなときに・・・
  • 土地を分筆したい
  • 山林を造成して宅地にしたのだが
  • 登記簿の面積がちがうとき
  • 境界線が不明になってしまった


  • 社会保険労務士
     労働・社会保険関連の法律や諸手続き実務のエキスパートです。
     年度更新、算定基礎届、労働社会保険の加入・脱退、各種給付金の請求、帳簿書類の作成などの事務手続きなどで、中小企業にとってもなじみの深い専門職です。
     知ってると得する(知らないと損する?)各種助成金の手続きや人事、労務管理、安全衛生管理などのコンサルティング業務も職域の柱です。
    例えばこんなときに・・・
  • 毎年面倒な労働保険の更新事務や社会保険の算定事務をアウトソースしたい
  • 年金制度について詳しく知りたい
  • 就業規則を見直したい
  • 社員の安全衛生管理を充実させたい
  • 公的な助成金の申請をしたい


  • 不動産鑑定士
     不動産の評価、利用に関するエキスパートです。
     不動産の適正な価格と適正な利用についての全般的な業務を行います。国や地方公共団体の公表する地価の調査や、裁判における不動産の評価、会社の資産評価など、官民を問わず、幅広い業務を行っています。不動産の有効な活用方法や土地開発計画のカウセリング業務なども行います。
    例えばこんなときに・・・
  • マンションの家賃をいくらにしたらいい
  • 不動産の鑑定をして欲しい
  • 土地の現在の評価額を知りたい




  • Copyright © 2000-2004 Legal ON NET CO.,LTD. All rights reserved. 上へ戻る
    利用規約 | 利用ガイド | 推奨ブラウザ | プライバシーポリシー | お問い合わせ | FAQ